病室の隅から

右足足底板 左足短下肢装具にてリハビリ中。創作とか本とか。

憧れ

いつか飄々と生きてみたい。

こんな所に本気を書かなくてもしっかりと自分を保つ人。

ぱっと見ふわふわと生きているように見えて、実は周りのことがよく見えている人。

さりげない気遣いができる人。

40までになりたい。不惑