病室の隅から

右足足底板 左足短下肢装具にてリハビリ中。創作とか本とか。

過去日記

2回目の「君の名は。」を見て。
2017.02.15 バンクーバーto成田

 

この映画を見たことは大きな分岐点だったな、ということを思い出した。
今までに経験したことを経験していなければ、今の自分はどんなだろう、という「たられば」を考えてみる。

あのときこの映画を見ていなければ
映画に誘ってくれる友達がいなければ
この学部に来ていなければ
あそこに生まれていなければ
、、、


今の私はなかったと思う。
どんな経験も、あってよかった。
きっとこれからも。
君の名は。」を見ていなければ、国試までの結果発表がこんなにも怖くなることはなかっただろう。この映画を見たことで、たくさんの思考が膨らんだ。本気で受かりたい試験の結果発表がこんなにも怖いと知った。

 

以下映画より。

ねじれて、からまって、もどって、つながって。それが結び。それが時間。